KESEN ROCK FESTIVAL’18

オープニングアクト!

 

714日/1日目

 

DJ鹿野淳】

 

これまでケセンロックを、ずーっと応援してくれている鹿野さん!

今年もケセンのトップで盛り上げてくれます!!

 

鹿野 淳:音楽ジャーナリスト

1990年(株)ロッキング・オン入社。その後、『BUZZ』、『ROCKIN'ON JAPAN』の編集長を歴任。2004年(株)FACTを設立。2006年にサッカーカルチャー雑誌『STAR SOCCER』、20073月には音楽雑誌『MUSICA(ムジカ)』を創刊。

フェスプロデューサーとしても『ROCK IN JAPAN FES』に始まり、『COUNT DOWN JAPAN』『ROCKS TOKYO』などに初回からオーガナイザーとして関わり、現在は埼玉県最大のロックフェス『VIVA LA ROCK』の主催とプロデュースを手掛け、3日間通じて毎年7万5千人が集まる、春フェス最大級のフェスに成長した。

その他、編集/執筆活動のほかテレビやラジオにも出演、さらには音楽ジャーナリスト養成所『音小屋』の開校や早稲田大学のエクステンションセンターでの講義等、音楽ジャーナリズム全般をクロスオーバーさせている。

 

715日/2日目

 

【和野七夕祭組】

 

江戸時代から引き継がれてきた岩手県陸前高田市高田町の伝統的なお祭り「うごく七夕」から、和野七夕祭組!

陸前高田町内の12地区ごとにそれぞれが飾り付けた山車を引いて、太鼓や笛によるお囃子の音色とともに町中を練り歩き、山車の美しさを競い合います。山車の高さは約3.6mもあり、圧巻です。

今回はその美しい山車がステージ上に!?

えっ?軽トラで運ばれてくる??

さて、その実態は!?

 

うごく七夕

このお祭りには、響き渡る太鼓や笛のお囃子の音色、そして山車のきらびやかな明かりを道しるべに、亡くなられた方々の魂が帰ってくるという「鎮魂」の意味が込められています。また、大きな被害をもたらした2011311日の東日本大震災後には、「鎮魂」の意味とともに、震災からの復興、亡くなった方々への慰霊、失われた町の絆を取り戻すことなども願いとして込められるようになりました。

  

以上の2組が両日のトップを飾ってくれます!

 

鹿野さんは何を流す?

山車の大きさは?

 

朝から楽しみ満載!

乞うご期待!!

| KRF ARTIST | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) | -
 

今日はバンドアパートでベースを弾いています原です。さて気仙フェスがいよいよ始まりますね。

僕の東京での糞の様な日々にご褒美だと思っています。

毎年気仙が終わると共に僕の夏は急速に終わりに向かって行く気がします。

 

去年は雨でしたので、今年は晴れたら良いですね。

 

とにもかくにも皆さんご来場お待ちしております。

| KRF ARTIST | 13:12 | comments(1) | trackbacks(0) | -
 京都大作戦前でいそがしいところ、コメントいただきました!

ありがとうございます!!!


以下お二人からのコメントです。




コウイチさん

『今年も大自然の中、当日集まった皆さんと共に楽しい時間を過ごせるようきばります!』


タクマさん

『うおおお!
気仙ロック!
うおおお!
大船渡ロックフェスティバルからバージョンアップしたみたいやなぁ!
うおおお!
10-FEET も去年以上のバージョンアップライブをドッギャーンとぶちかますぜ!
うおおお!
楽ししみだぜ!
また楽屋裏で焼いた魚が喧嘩腰に美味いんやろなぁ♪』

| KRF ARTIST | 17:55 | comments(0) | trackbacks(0) | -
 お待たせいたしました。

皆様からのお問い合わせをまとめました
Q&Aをアップ致しました!
これからも気づいた点など、更新していきます!

Q&Aは、こちらから
http://www.kesenrockfes.com/q&a.html

KRF実行委員会事務局

| KRF ARTIST | 02:53 | comments(0) | trackbacks(0) | -
 

本日も打ち合わせ、お疲れ様でした。

解散が午前2時。

みなさんお疲れ様です。

頑張りましょう!

今日お問い合わせのメールから

去年参加して、いろいろ行ったFESの中で
一番良かったです。
今年も楽しみにしています!
と、嬉しいお言葉を頂きました。

スタッフの皆様にお知らせしたく
一報をこちらから

| KRF ARTIST | 02:44 | comments(0) | trackbacks(0) | -

KESEN ROCK FESTIVAL '09が大・大・大成功しますように!!

| KRF ARTIST | 00:53 | comments(2) | trackbacks(0) | -



 

10-FEETの井上直樹さんからコメント届きました。

 

 

 昨年の大船渡に続き今年も出演という事で本当にありがとうございます!今年のKESENROCK FESTIVALも出演者もスタッフもお客さんもみんなが一つになってこの日は岩手という場所が世界で一番熱い場所やったとなるようにみんなで盛り上げ楽しみましょう!当日とても楽しみにしています!

| KRF ARTIST | 16:54 | comments(0) | trackbacks(0) | -

初めて大船渡に行ったのは、Eric.W というシングルをリリースした時のツアーだったように思う。
KESEN ROCK FES の実行委員(?)を務めているKという女の子とは学生時代の友人で、東京の夜を酔っ払ってヘラヘラと徘徊したりする仲間の一人だった。
彼女が地元に帰ってナイト・クラブを経営しているという話を聞いていたので、ツアーをブッキングする時に、「ライブやらせてよ」「いいよ」という流れで大船渡に行くことになった。

きたねーハイエースで大船渡に乗りつけた、健康ランド、車中、時には路上泊を常識とする板橋のボウフラ4人組を出迎えてくれたKが、「ここが今日泊まるところね」といって案内してくれたのは、海沿いの素晴らしい眺望を背にした和風建築の高級旅館であった。清潔な畳の香りが漂う広々とした和室で、中年の仲居の給仕を受けながら「これこれ、これですよ」などとほざきつつ、刺し盛や兜煮などを食らい、羽毛布団で眠りについたのである。

翌日のライブはとても手作り感溢れる素晴らしいものだった。Kの地元の知り合いや友人達が、通常営業時のクラブのソファーやテーブルなどを綺麗に片付けて、ステージやPA卓を自分達で設置していた。そうして作られたフロアに、Bボーイ風な地元の若者やサラリーマン、子供、明らかに酔っ払っているおっさん、派手な化粧の女の子、お洒落にに着飾った店の従業員・・・そんな種々雑多な人たちが200人近く集まっていて、平均的なライブハウスでの演奏とはまた違う興奮があった。何年か前のことなので定かな記憶ではないが、とにかくその日はとても楽しかった。感覚としては、旅先の地元の祭りに運良く参加できた上にとても歓迎される、という感じだが、それはKが色々な事に気を回しまくってくれたからだろう。そうでなければ東京のローカルバンドのツアーにあんな人数が集まるわけがない・・・思い出すほどに、頭が下がります。


KESEN ROCK FES は僕が日本で一番思い入れのあるフェスだ。酔っ払って泣いたり、彼氏にひどい事をされて泣いたり、いきなり電話で泣いたり、一見強そうに見えてとにかくよく泣いてたなーという印象のKとその仲間が作っているフェスだから。苦労も多々あると思うけど、それはいつか酒の肴に聞くとして、僕はいつも通り無責任に思い切り楽しみたいと思っています。
友達がやってるパーティーほど楽しいものはないからね。

| KRF ARTIST | 16:18 | comments(2) | trackbacks(0) | -
SPONSORED LINKS
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
LIFE STRIPE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM