<< 少し戻りますが | main | 本日 >>

22日当日は、飲食ブースと並び
陸前高田の仮設店舗で営業する「伊東文具店」さんが出店します!


伊東文具さんは本や文房具だけでなく、気仙地方の「復興支援グッズ」をたくさん扱っているお店。

復興支援グッズとは、購入代金の一部が被災地への寄付となるもので、Tシャツやキーホルダーなど、さまざまな商品があります。


22日にはその中から、下記のような品々を販売。
いずれも、被災地である陸前高田や大船渡の両市、市の社会福祉協議会などへ確実に寄付されます。

もし…お財布に若干の余裕があり…さらに、「これいいな」と思えるものがありましたら、
「お買いもの支援」にご協力いただけるとうれしいです!



まずは「ありがとう」手ぬぐい!(400円)

ケセンでおそらく唯一! 気仙2市1町(陸前高田、大船渡、住田)すべての地域をモチーフにした商品です。



スマイルマークのほっぺたにご注目ください。

左側は椿…大船渡の市花
中央は松…陸前高田を象徴する、松原の松の葉
右側はアツモリソウ…「かっこ花」の愛称がある、住田の市花

なんです!

さらに、バックの小さい丸…これはよく見ると、それぞれの市にある町名が入っています。

そして何より、「気仙」と「ありがとう」の文字が中央に。

汗を拭いたり、日よけにしたり、寒いときは首に巻いたり、さまざまに使えますよ!




続いてはこちら!
高田松原の被災松で作られた、念珠ブレスレット(M・Lサイズ、2000円)です。



震災前は、7万本もの松が植えられていた白砂青松の高田松原。

津波で根こそぎ消え去り、皆さんもご存じの通り「希望の一本松」を残すのみとなりました。

このブレスレットは、流された木を製材し、鎮魂の思いを込めてとても丁寧に作られています。
うっすらと赤い松の光沢がとても美しいです。



そしてこのブレス、実は ken Yokoyamaさんや、細美武士さんも身につけてくださっているそう。
お二人が岩手へ来てくださった際に、ご購入いただいたのでしょうね。
本当にありがとうございます。



なお、各サイズ80本の限定となっています。




続いて、「がんばっぺし」シリーズのグッズです。



希望の一本松と、ケセン語で「がんばろうよ・がんばろうな」の意を持つ「がんばっぺし」の言葉、そして昇る太陽をデザイン化したもので、Tシャツや缶バッジ、ステッカーなどがあります。



最後は、陸前高田の公式ゆるキャラ「ゆめちゃん」のグッズです。



今年デビューしたばかりの新キャラクターですが、すでに気仙では子供たちを中心に浸透しつつあります。この着ぐるみさんも、まっしろふわふわで大人気!
(個人的には、ひこにゃんをこえることができる唯一のコだと信じています…!)

クッキーやステッカー、クリアファイルなどがありますよ。



さて、気になる商品はありましたでしょうか?

皆さんぜひ22日には、伊東文具さんのブースをのぞいてみてくださいね!!

(鈴)

| KRF STAFF | 19:34 | comments(0) | trackbacks(0) | -
| - | 19:34 | - | - | -
COMMENT
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
SPONSORED LINKS
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
LIFE STRIPE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM